㈱原田屋は北海道の秩父別町にある4代続く稲作農家です。

      耕地面積は26ha 主に稲、麦を作付けしています。

      作付け品種は

          米・ゆめぴりか・ななつぼし・きらら397

          麦・きたほなみ

     

      三代目から受け継いだ食味重視の考えを経営理念とし

      平成27年 お米番付にて優秀表彰を受賞

      平成27年~令和元年ゆめぴりか良質米生産出荷優秀表彰 5年連続受賞

      農業新聞掲載

      

      これからも、固定観念にまどわされず、常に高みを目指して

      美味しく安心安全なものを生産していきたいと思います。

 

 


日本一、美味しいお米を目指して

 

 

 

原田屋では、日本一美味しいお米を目指して、日々努力していきます。

 

  一つ 窒素肥料を減らし、タンパクを下げ、有機肥料を使い食味上昇を目指します。

 

  一つ できる限り、農薬の使用を少なくし、安心安全なお米を作付けしていきます。

 

  一つ 圃場ごとに管理し保管することで味のバラツキを防ぎ、注文を頂いてから、精米します。

 

       一つ 最新の遠赤外線乾燥機により2段乾燥、色彩選別機を導入し更に品質の良いものに。

  

原田屋のお米を、どうぞお試し下さい。

お米とタンパクの関係

食味に関係してくる、タンパクのお話です。

使用している農薬

使用している農薬の情報を公開しています。

原田屋のゆめぴりか

北海道で今一番注目されている、ゆめぴりかという品種です。


原田屋 受賞歴


平成27年

 良質米生産出荷優秀表彰

平成28年

 良質米生産出荷優秀表彰

平成29年

 良質米生産出荷優秀表彰

平成30年

 良質米生産出荷優秀表彰

令和元年

良質米生産出荷優秀表彰

2015年お米番付上位八選受賞